病気の基礎知識:糖尿病

糖尿病の原因

ついついしてしまう暴飲暴食・・・そんな生活習慣が糖尿病の大きな原因なのかも?

糖尿病はインスリンの分泌が何らかの要因で必要量行われなくなった病気の事を言います。
ほとんどのケースでインスリン分泌を行う膵臓か分泌されたインスリンを吸収する肝臓や筋肉(インスリン感受性)に問題がある場合糖尿病が発症します。
遺伝・体質的にインスリンが素早く分泌されない・分泌量が少ない方は糖尿病になりやすくなります。
こうした状態で食べ過ぎ・運動不足・肥満などが加わると、身体がインスリンを上手に吸収できなくなり、すい臓に大きな負担がかかります。
やがてすい臓が正常に機能しなくなりインスリン分泌が正常に機能しなくなった時糖尿病を発症します。

ただし、単純に体質や遺伝が問題していない場合でも極端な肥満によって肝臓や筋肉のインスリンに対する反応が非常に悪くなったり、「肥満」「運動不足」「糖質(炭水化物)の過剰摂取」などの要因が重なると、すい臓が正常に機能しなくなり糖尿病になります。

 

糖尿病の基礎知識ページに戻る

糖尿病の基礎知識一覧

治験ボランティア登録はこちら

フリーダイヤル0120-189-408

営業時間(月~金)10:00 - 19:00

治験ボランティア登録
その他の病気の基礎知識を見る