病気の基礎知識:高血圧

高血圧

    「高血圧」ってどんな病気なの?

    血圧とは、血液が血管の中を通るときに、血管にかかる圧力のことを「血圧」といいます。 心臓は、ポンプのように毎分60~70回ぐらい、血液を血管へと押し出しています。これが、手首などをさわるとドクンドクンと打っている脈拍です…

    続きを見る

    高血圧になりやすいのはどんな人(体質)?

    人を高血圧になりやすくする危険因子というのがあります。遺伝や、肥満、耐糖能異常(糖尿病予備軍)、ストレス、喫煙、塩分の多い食事、飲酒の習慣などがその危険因子と呼ばれますが、これらを多く持っている人ほど、高血圧になりやすい…

    続きを見る

    治療はどうすればいいの?

    まずは、血圧を下げることだけではなく、危険因子も減らしていくこと。これを心がけましょう。 高血圧治療の目的は、血圧を下げることそのものではなく、将来の心臓や血管の病気と、それらの結果としての虚血性心疾患や脳卒中を防ぐこと…

    続きを見る

    高血圧予防の食事ポイント

    まずは、「塩分」を控えること! 今、日本人に勧められている1日の塩分摂取の目標値は、10g未満。ですが、高血圧患者の方はもっと厳しくて、日本高血圧学会の定めた目標では『1日7g以下』(高血圧治療ガイドライン2000年版)…

    続きを見る

    日常生活で予防する

    *適度な運動をしよう* 現代人の肥満は、食べすぎとともに、運動不足が大きく関わっているから、太っている人はたいてい運動不足にあたります。 普段から体をよく動かす習慣のある人には、コレステロールや中性脂肪などの数値も適正で…

    続きを見る

    血圧を調べる検査

    病院などの医療施設のほかに、役所などの大きい施設やスポーツクラブなど、公共の施設にも置いてある血圧測定器で測れます。やはり、正確な数値は医療施設で計ったものですが、日常の目安になりますので、ふと目にとまったら一度測ってみ…

    続きを見る