喘息でお悩みの方、治験にご協力下さい | 治験ボランティア・臨床試験モニター募集ならJCVN

*登録はこちら

苦しい喘息で悩んでいませんか?

喘息とはこんな病気です

喘息は、気管支などの空気の通り道(気道)が、炎症によって狭くなる病気です。
喘息の気道は、炎症により埃やタバコ、冷たい空気などの刺激に過敏で、発作など反応が起こりやすくなってしまいます。
ちょっとした刺激で気道が狭くなり息苦しくなったり、咳が止まらなくなったりするのです。

炎症を放っておくと、気道の粘膜に変化が起こり、気道が狭くなったまま元に戻らなくなってしまいます。
ですから、喘息は早期に治療を開始することがとても重要です。
少し症状がよくなった患者さんでも、自己判断で治療を中断したために炎症のコントロールが不十分になり、以前より重症になったというケースもあります。気道の炎症と狭窄は慢性的に続いているので、発作や症状がないときでも、継続的に治療が必要なのです。「気管支喘息」についての詳細はこちら

喘息の治療について

喘息には、「症状が起こらないように毎日行う治療」と「症状や発作が起きた時に行う治療」があります。

喘息の方の気道の炎症は、慢性的に続いているので、炎症を抑える治療と、実際に発作が起きてしまったときに、発作を抑える薬を使用することで治療を行います。
また、普段から発作を起こす引き金、アレルゲンに気を付けることも大切ですので、ほこりやタバコ、タバコの煙を避けたり、体調や室内の環境管理も重要になってきます。

喘息セルフチェック

風邪でもないのに咳が止まらず苦しいことがある

呼吸音がゼーゼー・ヒューヒューとなる

夜中や明け方に咳き込み眠れないことがある

ほこりやタバコ、ストレスで咳き込むことがある

運転中や運動後は息が苦しく回復に時間がかかる

吸入ステロイドなどの薬を使うことがある

小児喘息を患っていて苦しい時があった

「なんとかしなきゃ」と思ったら

治験とは

新しいお薬は開発されてからお医者様が処方できるようになるために、 必ず厚生労働省のお墨付き(承認)が必要になります。 承認にはお薬の効果・副作用(有効性・安全性)病気の進行に及ぼす影響の裏付けを取る必要があり、 その調査が治験と呼ばれるものです。職業、性別を問わず多くの方にご協力頂いており、皆様の参加で多くの人が救われる、とても社会貢献度の高いボランティアです。

ボランティアなの?

治験参加をする方は、全て自分自身の意思でご参加いただく治験ボランティアになります。ただ無償といったわけではなく、ご参加にかかる経費・時間等の負担を軽減する目的で負担軽減費(協力日・謝礼金)をお渡ししています。

新しいお薬って…大丈夫なの?

治験を行うには厳しい基準のもと、様々なハードルがあります。これは治験に参加する全ての方の人権・安全を最優先に行う条件とし、最善の注意が払われた形で整えられています。 また、皆様が参加する際には必ず詳しいご説明があり、ご理解・ご納得いただいた上で治験の協力をお願いしています。

--治験に参加すると--

医師と治験コーディネーターがあなたの為に診察とアドバイスをします!

定期的に通院・検査するので自分の体の状態がいつでもわかります!

治験参加の負担を減らす目的で治験協力費(謝礼)が受け取れます!

--治験の5つのポイント--

新薬開発のため検査しながら新しい薬をお試しいただくことが治験です。治験を行う過程で詳しい治療の説明がありますから、普段の治療に疑問を持っていたり、自ら前向きに病気と向き合いたい方にご好評いただいております。

未だに人体実験のイメージが根強い治験ですが、国が主導でとても厳しい基準のもとに行っています。参加される方の人権と安全を何よりも大切に行いますので、強制的に参加しなければならない等は一切ありません。

特定保健用食品(トクホ)や健康食品、化粧品・美容品モニター、体組成計等の検査機器モニターを含め様々な種類がございます。

個人情報の徹底的な管理を務める事が重要だと認識しており、その管理体制が認められプライバシーマークを取得しています。

治験・モニター参加時には負担軽減費という名目で協力費をお渡しします。金額はモニター毎に異なりますので登録後にご確認ください。

ご登録は下記のボタンから簡単に行なえます、登録後はホームページの試験一覧から協力費の確認が行えたり、メールで最新情報が届くなど優遇させていただいております。

*ご登録はこちら

ホームページに掲載している治験情報を探す、またはメールやお送りするご案内をご覧いただき参加したいモニターをお選びお申込みいただきます、いま参加したいものが無い場合、都合が合わない場合はもちろんお選びいただく必要はありません。

モニターごとに条件が異なるのでまずは簡単なアンケートをお願いしております。メールの場合は文中に、ホームページの場合はお申込後にお送りされるアンケートからアンケート回答いただきます。

アンケート回答後は担当からご登録の電話番号に電話致します。ここではアンケート内容の確認と試験のご説明をさせていただいております。

*アンケートやお電話時の内容でご参加できない旨をお伝えさせていただくことがございます。

お電話後、問題無ければまずは検査のご予約を致します。ご予約時には施設の場所や注意事項をメールでお送りしておりますのでご確認をお願いしております。

ご予約日に病院、または実施施設へ向かいます。複数の人数で行うこともあり、遅刻などがあるとモニター参加出来なくなる事もあるので余裕を持って向かっていただきますようお願いしております。

どんな薬を使い、どんな効果が見込まれるのか、どんな副作用が起こりうるのか、保証内容はどうなっているのか…モニターを実施する前には必ず事前の説明があり、この内容で参加するかを改めて判断いただきます。ご同意いただいた後に今回のモニターに適しているか事前の検査が行われます。

検査結果が出るまでお待ち下さい(モニターに応じて検査回数が増減致します)

*検査結果でご参加できない事もございます、予めご了承のほどお願い致します。

検査を終えた後、問題がなければ無事モニターがはじまります。

参加者のお声

63歳 男性

新しい糖尿病に関する検査技術の治験に参加しました。投薬を受ける治験ではないため、病気に関する一切の不安もなく、新技術への貢献ができると考え参加しました。病院での入院でしたが、医師も看護師さんも親切で持病に関するアドバイスまでいただきました。治験では、投薬などでプラセボの対象になった場合、持病が、悪化する可能性も考えられますが、技術的見地からの治験では、このような心配もありませんので安心して参加できますし、新技術確立に貢献できると考えると参加の意義も大きく、ある意味、社会貢献の一翼を担えると思います。


53歳 女性

通院治験の経験は数回ありましたが、入院治験には参加した事が無く、初めての入院治験に参加する前は、周りは知らない人ばかりだし、空いた時間はどうやって過ごせば良いのだろう?…等と、不安な事ばかりでしたが、実際に参加してみると、個人のプライバシーは保てるし、検査・食事・入浴・就寝…と、リズミカルに毎日が過ぎて行き、あっという間でした。 お薬の研究や他の人のお役に多少でも立つのも、何か良い事をした気持ちですし、普段の診断より詳しく自分の身体の事が分かり、助かりました。

治験に対する理解を深めていただくため、登録説明会を実施しています。参加者は「人気試験の先行案内を受けることができる」などの様々なメリットがありますが、なんといっても「スタッフと直接話せる」ことが参加者の皆様から好評いただいている部分。相談してから参加する治験を決められることは不安を取り除けることはもちろん自分に一番あった治験に参加できる事が大きく、漠然としたイメージが明確になったと好評いただいております。(東京・五反田で実施、登録後マイページから予約できます)

*登録はこちら

治験ボランティア・臨床試験モニター募集ならJCVN
株式会社パシフィックグローブ
〒141-0021 東京都品川区上大崎3-14-35 山手ビル2F
TEL:0120-189-408/03-5791-7795 FAX:03-3447-7422 E-mail:info@jcvn.jp
Copyright c 2014 pacificgrove. All rights reserved.