【掲載日】2021/12/22

RSウイルスの症状は?原因や対処法・予防法を解説

RSウイルス感染症とは?

RSウイルスとは?特徴は何?

RSウイルスの正式名称は「Respiratory syncytial virus」と呼び、RSウイルス感染症とはRSウイルスの感染によって風邪などの症状を引き起こす呼吸器系感染症です。
RSウイルス感染症は、地理や気候を問わず世界中に存在し、かつ年齢を問わず発症します。
感染の流行時期は夏季から9月頃を期に11~1月をピークに迎え、初春まで長期的に続く傾向にあります。感染力は非常に強く、幼稚園や保育園などの施設内感染に注意が必要です。

RSウイルスの症状は?大人が感染した場合の症状は?

子供が感染した場合の症状

小児風邪の80~90%がRSウイルスによるものと言われ、生後1歳までに半数以上、2歳までにほぼ100%の乳幼児が感染します。2歳以上の子供は鼻風邪のような軽い風邪症状で済むことが多いですが、1歳未満や低出生体重児、心肺系の基礎疾患や、免疫不全のある重症化リスクの高い乳幼児の場合は、肺炎や細気管支炎といった重症化のリスクが高くなると言われています。なお、年長児や成人における感染や再感染も普遍的に見られますが、重症となる例は比較的少ない傾向にあります。
RSウイルスは感染後4〜5日の潜伏期を経て、咳、鼻水、発熱などが症状として現れます。また、潜伏期間から発症後10〜14日間ほどでウイルスが体外に排出されますが、1ヶ月程度体内に留まる事例もあります。

大人は軽度の風邪程度で終わることが多い

成人以降もRSウイルスによる感染症は発症しますが、乳幼児の頃から繰り返し感染することで体内に免疫ができているため、発症しても鼻水や咳、微熱といった軽度の風邪症状で完治することが大半です。また、感染しても症状が発症しないままウイルスを体内で撃退する場合もあります。

小さなお子さんは重症化に注意

生後数週間~数ヶ月の乳児期早期にRSウイルスに初感染した場合や、出生体重が極端に軽い乳児、心臓や肺の基礎疾患といった免疫不全がある場合に、重篤な症状を引き起こすことがあります。

特に注意すべき症状は以下のとおりです。

  • 息を吐くときに「ヒュー、ヒュー」「ゼー、ゼー」といった呼吸音がする
  • 顔色や唇の色が悪い
  • 胸がペコペコとへこむような呼吸をする
  • 呼吸が速く、呼吸の回数が極端に増えている

このような症状が見られる場合は肺炎、気管支炎、細気管支炎などを発症している可能性があり、場合によっては酸素投与、点滴などの処置や、入院及びその後の経過観察が必要な場合もあります。また、生後3ヶ月未満の赤ちゃんでは、上記のような症状が出ない場合もあり、哺乳不良、活気不良、無呼吸発作、チアノーゼ(皮膚の色が紫色になる状態)などの症状を認めることもあります。なかでも無呼吸発作は命にかかわる重篤な症状ですので、細心の注意が必要な症状です。

大人で重症化しやすいケースは?

免疫力が極端に弱まっている場合や、特定の場合は大人であっても重症化することがあります。

  • 高齢者や喘息の持病がある方
  • 妊産婦
  • 神経や筋疾患、免疫不全の基礎疾患などの持病がある方

RSウイルスは小児が感染しやすい病気ですので、上記の要素に該当し、かつ小さいお子様と一緒に暮らしている家族構成の場合は、十分に注意が必要です。
特に高齢者の感染は、主に病院や介護施設などの高齢者が集まる空間での集団感染によるものが多く、免疫力や体力的にも衰えているため、稀に感染から死亡に至るケースもあります。

RSウイルスに感染した時の対処法

RSウイルスの感染が疑われれば病院で検査してもらおう

小さなお子さんに風邪のような症状が見られ、特に、生後6ヶ月未満のお子さんに下記いずれかの症状が見られたときは、昼夜問わず小児科医のいる病院へ受診しましょう

  • 38 度以上の熱
  • 呼吸が浅く 速くなる
  • ゼイゼイと咳がひどく眠れない
  • 痰が詰まる
  • 顔色が悪い
  • 急にぐったりする

また、RSウイルス感染症にかかっている可能性のある人や、診断された方が家族や身近のいる場合に、自身に発熱、鼻水、咳、痰といった風邪に似た症状が見られる場合はRSウイルスに感染している可能性が高いので、他の人への感染を防ぐためにも直ちに診察を受けてください。
RSウイルスに感染しているかの診断は、鼻の穴に細い綿棒を入れて鼻粘膜をぬぐい、15分程度で判定が出ますが、RSウイルス感染症が疑われる全ての患者さんに行う検査ではありません。

軽度の風邪症状のみの場合も病院へ行くべき?

軽度の風邪症状がみられ、かつ周囲にRSウイルスに感染している可能性のある人がいない場合、まずは解熱鎮痛剤や咳をしずめたり痰を出しやすくしたりする鎮咳去痰薬などの市販薬を使い、症状を和らげましょう。ただし、生後1〜2ヶ月の赤ちゃんでRSウイルス感染症が疑われる場合は、経過中に無呼吸発作などの重症な症状が突然発症する危険があるため、入院し経過観察が必要かどうかを判断するために上記のRSウイルス感染症の検査を積極的に行います。

病院で受ける治療法

RSウイルス自体に効果のある抗ウイルス薬は現時点ではありません。そのため、感染時に発症している症状をやわらげる対症療法を行うのが一般的な治療法となります。
具体的には、痰が出やすい場合は去痰薬、熱がある場合は解熱薬、その他に自身の免疫力を向上させるために体力の回復を幇助する薬を使用したり、吸入などの処置で呼吸状態を改善させたりする方法が挙げられます。重症化した場合にはこれらに加え、酸素投与、補液(点滴)、呼吸管理が行われます。
また、昨今では重症化リスクの高い小児に対し、抗RSウイルスモノクローナル抗体(シナジス)と呼ばれる重症化の抑制薬を予防投与することが認可されていますが、投与対象には条件があり、在胎36週未満の早産だった子供、または慢性肺疾患や先天性心疾患を持つ乳幼児となります。

RSウイルスはどのように感染するの?

RSウイルスの主な感染経路は、感染している人の咳やくしゃみ、または会話をした際に飛び散る唾液などのRSウイルスが含まれたしぶきを吸い込む「飛沫感染」によると考えられています。また、感染者が触れたドアノブなどの表面についたウイルスに接触し、鼻や口などの粘膜や傷口などを通して感染する「接触感染」も挙げられます。
なお、RSウイルスが麻しんや水痘、結核のように空気感染するといった報告事例はありません。

感染を拡大させないための対策とは?

感染拡大させないための方法や注意点

RSウイルスの主な感染経路は飛沫感染と接触感染ですので、マスク着用による飛散防止と、石鹸やうがい薬を活用した手洗いうがいによる殺菌が拡大防止策として効果的です。特に、RSウイルス感染症である自覚のない年長児や成人から乳幼児への感染がもっとも危険視されていますので、RSウイルス感染症の自覚がないうえで咳が続いていたり、RSウイルス流行時期に呼吸器症状があったりする場合は、マスクの着用を徹底しましょう。
また、普段から朝昼晩と栄養のある食事を摂り、十分な睡眠をすることで自身の免疫力を落とさないように心がけましょう。

ワクチン接種などの予防策は?

現在までに認可されたRSVワクチンはなく、各国の薬剤メーカーが新薬の開発のために日々臨床試験を実施していますが、対象となる患者数が足りておらず、開発は難航しています。
そのため、現状では特定の条件に該当する乳幼児のみに投与できる、遺伝子組換え技術を用いて作成された抗RSウイルスモノクローナル抗体製剤(製品名はシナジス)が使用されます。
RSウイルス感染症の流行初期に投与を開始し、流行期以降も1ヶ月ごとに筋肉注射することで、重篤な下気道炎症状の発症を抑止できる効果が期待できます。
投与対象となる条件は以下のとおりです。

  • 母体にいた期間が28週以下で、RSウイルス流行開始時に12ヶ月齢以下の乳幼児
  • 母体にいた期間が29~35週以下で、RSウイルス流行開始時に6ヶ月齢以下の乳幼児
  • 過去6ヶ月以内に気管支肺異形成症などの呼吸器疾患の治療を受け、RSウイルス流行開始時に24ヶ月齢以下の新生児、乳児および幼児
  • RSウイルス流行開始時に24ヶ月齢以下で、心臓や血流などの血行動態に異常が見られる先天性心疾患を持った乳幼児
  • RSウイルス流行開始時に24ヶ月齢以下で、免疫不全を伴う乳幼児
  • RSウイルス流行開始時に24ヶ月齢以下で、ダウン症候群の乳幼児

まとめ

ほとんどの人が一度は風邪をひいたことがあると思います。風邪はポピュラーな病気で、そのほとんどは軽い症状で収まりますが、風邪と思っていたものが実はRSウイルスによる感染症であったものかもしれません。
大人にとってはただの風邪程度の症状かもしれませんが、乳幼児などが感染すると重い呼吸器症状を引き起こす場合もありますので、特に乾燥する時期や冬場など、風邪が流行する時期には一段と感染対策を徹底し、乳幼児や小児に移さないよう注意しましょう。

ウイルスの基礎知識ページに戻る

ウイルスの基礎知識一覧

  • RSウイルスの症状は?原因や対処法・予防法を解説

治験ボランティア登録はこちら

フリーダイヤル0120-189-408

営業時間(月~金)10:00 - 19:00

治験ボランティア登録
その他の病気の基礎知識を見る
  • 初めての方へ 安心して治験に参加いただくために
  • メールが届かない方へ
  • 無料検診はこちら
  • 治験ボランティアの声
  • 製薬会社・医療関係の皆様へ
  • 自分に合った治験の探し方

治験ボランティア・モニター参加者募集

  • 血圧が高い方
  • 血糖値が高い方
  • 尿酸値が高い方
  • 脂質異常でお悩みの方
  • 喘息でお悩みの方 class=
  • ニキビでお悩みの方
  • ニキビでお悩みの方
  • ニキビでお悩みの方
  • ニキビでお悩みの方
  • フリーダイヤル0120-189-408