生活習慣病

生活習慣病とは|気になる病気の予備知識

生活習慣病とは、生活習慣が要因となって発生するさまざまな疾病の呼称です。本記載で生活習慣と意味するところは、食事・水分の取り方、喫煙・非喫煙の習慣、運動をする・しないといった習慣を指します。

生活習慣病は日本でも重大な病気です。日本では生活習慣に起因する疾病として、がん、脳血管疾患、心臓病などが指摘され、それらは日本人の3大死因ともなっています。肥満はこれらの疾患になるリスクを上げます。また肥満自体が生活習慣病のひとつともされることがあり、肥満に関連して起きる症候群をメタボリックシンドロームとも呼んでいます。 また2型糖尿病・脂質異常症・高血圧・高尿酸血症などの疾病も挙げられます。

生活習慣病の原因|気になる病気の予備知識

生活習慣病の原因は、不健康な生活習慣です。 具体的には、不規則な食生活、運動不足、ストレス過剰、睡眠不足、飲酒・喫煙などが挙げられます。 「不規則な生活習慣」と聞くと、「暴飲暴食・運動不足」というようなイメージを持たれる方もいらっしゃると思いますが、現代社会では「ごく一般的な生活」が、実は「不健康」な生活習慣となってしまっているのが実情です。

生活習慣病の症状|気になる病気の予備知識

疾患によって様々な症状がありますが、高血圧・糖尿病・脂質異常症はサイレントキラーと呼ばれ、自覚症状が非常に出にくいと言われており、動脈硬化や心疾患といった原因になります。

治験ボランティア登録はこちら

フリーダイヤル0120-189-408

営業時間(月~金)10:00 – 19:00

治験ボランティア登録

関連項目

疾患
検査データ