中性脂肪(トリグリセリド)

中性脂肪(トリグリセリド:T.G)|検査結果の読み方

中性脂肪(トリグリセリド)とは、血液中の脂肪の一種です。基準値を超えるような場合には動脈硬化や心臓病や脳卒中などの生活習慣病リスクが高まります。数値が高い原因としては暴飲暴食、運動不足などの生活習慣が原因となることが多いです。

分類 中性脂肪(トリグリセリド:T.G)
基準値(男性) 29~188mg/dl
基準値(女性) 29~188mg/dl

中性脂肪(トリグリセリド)は、肥満や食べすぎ、運動不足、過度の飲酒などが原因で値が高くなる血液検査の検査項目の一種です。中性脂肪(トリグリセリド)の値を正常値に戻すには薬用療法よりも、運動の週間や食生活、節酒などの生活習慣を変える事で改善できる場合が多いですので、自己管理を徹底するように心がけましょう。 また中性脂肪(トリグリセリド)が上値を超える場合には動脈硬化や脳卒中、心筋梗塞などの生活習慣病のリスクが大きくなります。

治験ボランティア登録はこちら

フリーダイヤル0120-189-408

営業時間(月~金)10:00 – 19:00

治験ボランティア登録

関連項目

疾患
  • 動脈硬化
  • 脳卒中
  • 心筋梗塞
検査データ