収縮期血圧(血圧上)

収縮期血圧(血圧上)|検査結果の読み方

心臓が全身に血液を送り出すために収縮した状態を「収縮期」と呼びます。心臓が収縮するとポンプの作用で血液が大動脈に送りこまれ、この状態が最も血圧は高くなります。 このときの血圧を「収縮期血圧(最大血圧)」といいます。 お年寄りの高血圧の特徴としては、収縮期血圧(上の血圧)が高く、拡張期血圧(下の血圧)は、低くなってくるのが一般的な特徴です。

治験ボランティア登録はこちら

フリーダイヤル0120-189-408

営業時間(月~金)10:00 – 19:00

治験ボランティア登録

関連項目

疾患
検査データ