血圧が高めの方対象の治験

ketsuatsu_001

高血圧ってどんな病気なの?

血圧とは、血液が血管の中を通るときに、血管にかかる圧力のことを「血圧」といいます。
 心臓は、ポンプのように毎分60~70回ぐらい、血液を血管へと押し出しています。これが、手首などをさわるとドクンドクンと打っている脈拍です。心臓が収縮して血液を押し出した瞬間は、血管にいちばん強く圧力がかかります。これが『収縮期血圧(最高血圧)』です。そして、収縮した後に心臓がひろがる(拡張する)ときには、圧力がいちばん低くなります。これが『拡張期血圧(最低血圧)』です。
 収縮期血圧と拡張期血圧のどちらが高くても、高血圧といいます。
 
高血圧は「サイレント・キラー」と呼ばれる恐ろしい病気

 病気になったら、何か熱っぽくなったり、何かしらの症状が体にでるので、すぐ気づきますよね?
高血圧の場合は、自覚症状はほとんどといっていいほどないので、気づいたときは既に手遅れ…なんて事も多いのです。直訳すると「物静か な殺人犯」という意味になりますが、まさにその通り、症状がほとんどないままに、長年かかってひそかに血管をむしばんでいくのです。
 日本人には高血圧の人がとても多くて、約700万人もの人が治療を受けています。だからかえって、あまり危険な状態だという意識はないかもしれないですが、もしかしたらあなたも既にサイレント・キラーにむしばまれているのかもしれません。
 ホラー映画より怖い現実。あなたはどう受け止めますか?


column_graph1

高血圧の診断基準

正常血圧は人種によって多少異なりますが、血圧の基準として世界的に採用されているのはWHO(世界保健機構)と米国高血圧合同委員会の分類です。日本でも日本高血圧学会で「高血圧治療ガイドライン」を作成し、2000年に発表しています。


収縮期血圧(mmHg) 拡張期血圧(mmHg)
高血圧 140以上 90以上

高血圧の診断基準

正常血圧は人種によって多少異なりますが、血圧の基準として世界的に採用されているのはWHO(世界保健機構)と米国高血圧合同委員会の分類です。日本でも日本高血圧学会で「高血圧治療ガイドライン」を作成し、2000年に発表しています。

 
分類 収縮期血圧/mmHg 拡張期血圧/mmHg
正常 至適血圧 120未満 80未満
正常血圧 130未満 85未満
正常高値血圧 130〜139 85〜90
高血圧 軽症高血圧 140〜159 90〜99
中等症高血圧 160〜179 100〜109
重症高血圧 180以上 110以上

治験参加までの流れ

STEP1新規治験ボランティア登録(仮登録)
インターネット上から登録すると、試験の詳細情報が閲覧できます。
STEP2登録説明会参加(本登録)
「”治験”て何」「治験は安全なの?」「お金がもらえるの?」など、皆様の疑問を解決し安心して治験に参加して頂くためにボランティア登録説明会を行っております。 治験に参加するには、一度こちらの説明会に参加して頂く必要があります。 (ボランティア登録は一切無料、登録したからといって必ず治験参加をしなければいけないわけではありません。)
STEP3治験申し込み
ボランティア登録説明会に一度参加された方なら、インターネット上又はお電話でも治験申し込みを受付しております。 治験参加の条件は試験によって異なりますので、申し込みをされた方にはお電話で詳細の参加条件確認をさせて頂きます。
STEP4事前検診(病院での)受診~合否連絡(数日から数週間後)
治病院での事前検診は施設によっても異なりますが約2時間程度で、後日合否連絡が病院、又は弊社からご本人様に通知されます。
STEP5治験参加(通院 or 入院)
検診で合格と判断された方が治験参加となります。合格となった場合は最後までその治験に参加して頂くことを前提としております。

【注意】 医療機関等の事情により治験が中止になる場合もございますのでその旨、ご了承をお願いいたします。

治験ボランティア登録はこちら

フリーダイヤル0120-189-408

営業時間(月~金)10:00 – 19:00

治験ボランティア登録