病気の基礎知識:高血圧

治療はどうすればいいの?

治療はどうすればいいの?

まずは、血圧を下げることだけではなく、危険因子も減らしていくこと。これを心がけましょう。
高血圧治療の目的は、血圧を下げることそのものではなく、将来の心臓や血管の病気と、それらの結果としての虚血性心疾患や脳卒中を防ぐことです。

これまでに世界中のさまざまな国で行われた試験の結果、適切な降圧治療(高血圧の治療)は、高血圧の患者さんに多くの有益な効果をもたらすことが明らかになっているので、『高血圧』と診断されたら、「自覚症状がないから平気だ」などとも思わずに、早く治療を始めたほうがいいでしょう。

高血圧と同時に、すでに糖尿病や高脂血症、肥満など、心血管病の多くのリスクをもっている人は、治療を受ければより大きな効果が得られまる。もちろん軽症の人も、すぐに治療を始めれば、クスリを使わずに血圧を下げられて、その後適正な血圧を維持することだって、可能かもしれません。

高血圧と診断されたら、それが治療を始めるに遅過ぎることも、早過ぎることもないってことですね。高血圧の人が、腎不全や心不全、糖尿病など、すでにほかの病気を持っている場合にも、高血圧と並行してそれらの治療が進められます。多くの生活習慣病は、表面にあらわれた病気は違っていても、危険因子のいくつかは共通しているので、同時に並行していくつかの病気を治療していくことは、そんなにむずかしくないことが多いんです。

もちろん、クスリで治療中の人も、生活習慣の見直し、改善が大切です。悪い生活習慣を正しい生活習慣に変えていくことは、血圧を下げるだけでなく、ほかの心血管病のリスクを下げることにもなるので、とても大事なことです。
column_graph3

 

高血圧の基礎知識ページに戻る

高血圧の基礎知識一覧

治験ボランティア登録はこちら

フリーダイヤル0120-189-408

営業時間(月~金)10:00 - 19:00

治験ボランティア登録
その他の病気の基礎知識を見る