病気の基礎知識:コレステロール

コレステロール改善レシピと食事の一工夫

脂質異常症(高脂血症)の予防と改善には、バランスのよい食事が大切です。
まずは、食生活の改善からはじめましょう。毎日の食事の参考にしてみてください!
なるべく、夜遅くに食べることはひかえて、運動と組み合わせれば、3ヶ月で悪玉(LDL)コレステロールを10%程度減らす効果が期待できるそうです。

recipe01

また、外食の際のワンポイントアドバイスになります。

column090817_graph5

 たとえば、牛丼を食べるときは、脂身を残すようにするのがワンポイント★
ご飯を1口分減らすことで、「約30kcal」カロリーカットができます。
更に!ご飯2口分と脂身を減らすと、「約900kcal」以下に大変身!一工夫、1我慢で摂取カロリーは変わるのです!

出来れば、1食分を650kcal程度に抑えられたらベストです。
天ぷらの場合・エビは、コレステロールが多い食材なので、コレステロールの排出を促すためにも、野菜を一緒に摂りましょう!
天ぷらの衣に含まれる「油分」を避けるため、衣を一口分はがすのがワンポイント★
そば粉には毛細血管を強くする「ルチン」などのポリフェノールが豊富に含まれているので、付け合せを選べばランチにおすすめです!

column090817_graph3

 

 

コレステロールの基礎知識ページに戻る

コレステロールの基礎知識一覧

治験ボランティア登録はこちら

フリーダイヤル0120-189-408

営業時間(月~金)10:00 - 19:00

治験ボランティア登録
その他の病気の基礎知識を見る