気管支喘息

気管支喘息とは|気になる病気の予備知識

発作性の呼吸困難、咳(せき)などを繰り返す疾患で、慢性的に炎症が気道に起こり、気道の過敏性が亢進(こうしん)することがその原因と考えられています。抗原の吸入、運動、感染、ストレスなどが喘息発作の起因になります。 吸入ステロイド薬を中心とした長期の抗炎症治療が必要となります。 空気の通り道の気管や気管支が急につまって息苦しくなり、呼吸するたびにゼーゼー、ヒューヒューという音が聞こえ、咳や粘着性の強い痰も出るのが特徴です。

気管支喘息の原因|気になる病気の予備知識

気管支喘息はアレルギー体質の遺伝的な要素や気道過敏症や、 空気汚染による環境などが原因となって発症するのではと考えられています。 また、自律神経失調症や精神的ストレス、また風邪などによるウィルス感染によって気管支喘息が発症するという例も少なくないのが現状のようです。 喘息発作を起こさないようにするために、アレルギーが原因となって起る気管支喘息は、まずアレルゲンの元となる物質を排除する重要です。 そのためにも何が原因で気管支喘息が発症しているのかという原因を突き止める必要があります。 しかしながら、実際にはアレルゲンとなるものが多数あり、中には喘息の原因がアレルギーによるものではないものもあるため、原因を突き止めるのは難しいのが実情です

気管支喘息の治療方法|気になる病気の予備知識

気管支喘息の治療は一時的に喘息を抑えるだけが治療ではなく、重度の喘息患者の場合、鎮咳に重点を置きましたが、頓服薬の使用頻度が減ると同時に、今度は吸入薬による服薬を開始する方が多いです。 主に3種類の吸入薬を使い、発作滋養の吸入剤、気管支拡張剤、発作予防用吸入剤です。

治験ボランティア登録はこちら

フリーダイヤル0120-189-408

営業時間(月~金)10:00 – 19:00

治験ボランティア登録

関連項目

疾患
検査データ