病気の基礎知識:糖尿病

糖尿病とは

よく聞く病気だけど何が怖いの?

糖尿病は、血糖値と呼ばれる血液中のブドウ糖(グルコース)が高い高血糖状態が続く病気です。 放っておくと、神経障害や失明、腎臓などさまざまな臓器に合併症が起こる危険性が非常に高くなります。

人の身体は、毎日の食事を行うことで様々な栄養素を吸収しています。その中でお米、パンなどを代表とする糖質(炭水化物)やその他タンパク質、脂肪などの栄養分は身体の中でブドウ糖に分解し、血液中に吸収され血糖値が高くなります。
高くなった血糖値は、通常人の身体に存在している「インスリン」と呼ばれるホルモンが作用し、適切な血糖値にコントロールされています。このインスリンを調節する仕組みが上手に働かなくなる、高血糖状態が続くようになってしまう病気が糖尿病です。
通常の体の状態でも血糖値は上下するので、ただ血糖値が高いだけで何かいつもと違う症状を感じることはほとんどありません。しかし、高血糖状態が続くと「喉の渇き」「疲労感」「多尿・頻尿」などの症状が現れるようになります。それだけでなく次第に全身の血管や神経が傷つき、全身の臓器に悪影響を及ぼします。

とても怖い糖尿病ですが、適切な食事療法、運動療法、服薬によってしっかり血糖コントロールを行えれば、症状をなくし、合併症の予防が出来ます。

糖尿病の基礎知識ページに戻る

糖尿病の基礎知識一覧

治験ボランティア登録はこちら

フリーダイヤル0120-189-408

営業時間(月~金)10:00 - 19:00

治験ボランティア登録
その他の病気の基礎知識を見る