COPD(慢性閉塞性肺疾患)/タバコ病

COPD(慢性閉塞性肺疾患)とは|気になる病気の予備知識

COPDは一つの病気ではありません。慢性気管支炎、肺気腫(はいきしゅ)、びまん性汎細気管支炎など、長期にわたり気道が閉塞状態になる病気の総称です。

慢性気管支炎

タンをともなった咳が特徴です。気管支に慢性の炎症やむくみ(浮腫)が生じ、タンが過剰になります。これを取り除くためにタンをともなうせきが出ます。たんの量が多くなると気管支が塞がれ、そこにウイルスや細菌が感染して、さらに炎症が広がります。進行すると気管支に空気が通らなくなり、その先の肺胞が壊れてしまいます。

肺気腫(はいきしゅ)

細気管支の先は、肺胞がぶどうの房のようについています。肺気腫はこの細胞の壁が崩れ、崩れた肺胞が大きく膨らんで弾力性や収縮性が低下する病気です。弾力性や収縮性が低下すると、息をはき出すときに肺が縮まりにくくなり、新しい空気を吸うことができないので、息切れを起こしやすくなります。

びまん性汎細気管支炎

気管支が枝分れしてだんだん細くなり、肺胞に入る手前の部分を呼吸細気管支と称しますが、この部分の慢性炎症のために咳、痰が出たり、息苦しくなる病気です。

COPD(慢性閉塞性肺疾患)の原因|気になる病気の予備知識

COPDを引き起こす最大の原因は、本人がたばこを吸うこと(喫煙)です。また他人のたばこの煙を吸わされること(受動喫煙)も発症の原因となる可能性が指摘されています。 また、肺機能は加齢とともに、低下していきます。喫煙が加わると急速に低下が進み発症すると言われています。その他、ウイルスや細菌などの感染などがあります。

COPD(慢性閉塞性肺疾患)の治療方法|気になる病気の予備知識

COPDの治療はまず「禁煙」が基本です。禁煙を実行した上で、薬や運動などによる治療を実践しましょう。かぜやインフルエンザに感染したりすることで、急激に症状が悪化する(急性増悪)場合がありますので、日頃から体調管理には気をつけましょう。

○禁煙
本数を減らしたり、軽いたばこに変えても意味はありません。すっぱりやめることです。禁煙のために使われるニコチンガム(市販)やニコチンパッチ(処方せんが必要)もありますので、かかりつけ医に相談し、無理なくやめることも可能です。

○運動療法
動くと息切れを起こすため、動くことに恐怖心を覚え、運動不足になる傾向があります。運動不足が続くと、体力が衰え、さらに息切れが増して動けなくなるという悪循環に陥ります。行動範囲が狭くなるばかりでなく、食欲不振、便秘、イライラなどが生じ快適な生活を送ることができなくなってしまいます。散歩など安全で効果的な運動を行いましょう。

○薬物療法
1.β2刺激薬
 せまくなった気管支を広げ、呼吸を楽にする薬です。
2.テオフィリン徐放製剤
 気管支を広げ、呼吸筋力の増強効果があります。
3.抗コリン薬
 胸のつまりを解消し、息切れを予防します。
4.鎮咳薬/去痰薬
 咳を鎮め、痰を柔らかく、切れやすくします。
5.抗生物質
 気道の細菌を殺し、感染の進展を防止します。
6.ステロイド薬
 炎症を鎮めます。特にぜん息を伴うケースに使用されます。
7.漢方薬
 症状にあわせて処方されます。

○呼吸理学療法
呼吸法で息切れをやわらげることができます。
1.口すぼめ呼吸
 ・口笛を吹くようにして息を吐きます。息がうまく吐ければうまく息が吸えるようになります。
 ・軽く口を閉じて鼻から息を吸います。
2.腹式呼吸
 ・横隔膜を使って呼吸しましょう。効率よく呼吸することができます。
 ・平らなところに横たわり、左手は胸、右手はおなかにのせます。

○在宅酸素療法
在宅酸素療法とは、自宅で酸素吸入を行う療法です。酸素吸入を行うと、脳、心臓、肝臓、腎臓といった体の各臓器に酸素が満ち足りて、臓器が正常に働くようになります。また、数ヶ月以上の長期にわたって酸素吸入を行うと、ある一定の時間内に歩行できる距離が延びることがわかっており、足の筋力も酸素吸入によって回復できると考えられています。 酸素吸入を続けていても、日常生活や外出は今までどおり行えます。息苦しいときだけ酸素吸入を行うのは間違った使い方です。肺の病気がよくなり、体の中に酸素が足りた状態になれば、中止することができます。

治験ボランティア登録はこちら

フリーダイヤル0120-189-408

営業時間(月~金)10:00 – 19:00

治験ボランティア登録

関連項目

疾患
検査データ