アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎とは|気になる病気の予備知識

アトピー性皮膚炎の方の多くは、遺伝的にアレルギーを起こしやすい体質(アトピー素因)と、皮膚の表面の機能が弱いという体質を持っているのが特徴です。

■アトピー素因
私たちの体には、病原菌をはじめとする異物から、体を守るための免疫というものが備わっています。アトピー素因をもつ人は、普通の人が反応しないような異物にまで過敏に反応し、異物を攻撃するための武器である物質が過剰に放出されて皮膚を傷つけ、炎症を起こします。

■皮膚表面機能の低下
皮膚の表面は皮脂の膜でおおわれ、そのすぐ下に角質層があります。皮膚の表面機能に重要な役割を果たすのは角質層の中にあるセラミドなどの物質ですが、アトピー性皮膚炎の患者さんの角質層では、セラミドが減って皮膚の表面機能が弱くなってしまい炎症を起こします。

アトピー性皮膚炎の治療方法|気になる病気の予備知識

アトピー性皮膚炎の治療は次の通りです。

1. 皮膚の局所療法(スキンケアを含む)
2. 抗アレルギー剤内服
3. 抗原回避(環境整備)

皮膚の局所療法

アトピー性皮膚炎の原因には皮膚の表面の機能が低下し、皮膚の過敏性が亢進したドライスキンの状態とアレルギー反応による炎症とがあります。アレルギー炎症に対しては外用剤、ステロイド剤、免疫抑制剤などにより炎症を収束させます。ドライスキンによる皮膚表面の機能障害に対する治療法はスキンケアです。皮膚を清潔に保つスキンケア、乾燥に対するスキンケアが非常に重要で、皮膚表面機能を回復することにより、皮膚の過敏性の亢進や抗原の侵入を回避でき、アトピー性皮膚炎の悪化を防ぐことができます。

抗アレルギー剤内服

いろいろの種類がありアレルギ-性疾患治療剤(抗アレルギー剤)、抗ヒスタミン剤ともいわれております。アトピー性皮膚炎、湿疹、皮膚炎、じんましん、アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎などによく使用されます。体質によっては、眠くなったり、口が渇いたり、体がだるかったり、胃部不快感などの症状を伴う場合がありますが、一般的には重い副作用はありません。

環境整備(抗原回避)

環境整備(抗原回避)は何といってもダニ対策が重要です.小児の気管支喘息やアトピー性皮膚炎の大部分はダニが原因です。
(1)使用している寝具を頻回に清掃しましょう。晴れた日にふとんを干し,たたき,
  その後ふとんの表面を掃除機で清掃し、ふとんカバーも頻回に洗濯する。
(2)枕は中味がそばがらではなく、パイプのものに変えるのは有効です。
(3)床はフローリングがもっともダニが少なく、じゅうたんは最もダニが多くなるので
  使用しない方が可能であれば使用しないのが無難です。
(4)ぬいぐるみ,カーテンもダニの巣になります。ぬいぐるみは避けた方が良いですが
  必要ならば洗濯できるものを少しだけ持ってもよいでしょう。
  カーテンは洗濯できる素材のものにする。

上記以外にもペット・花粉などのものもありますので早めの環境整備が重要となります。

治験ボランティア登録はこちら

フリーダイヤル0120-189-408

営業時間(月~金)10:00 – 19:00

治験ボランティア登録

関連項目

疾患
検査データ