病気の基礎知識:高血圧

「高血圧」ってどんな病気なの?

「高血圧」ってどんな病気なの?

血圧とは、血液が血管の中を通るときに、血管にかかる圧力のことを「血圧」といいます。
心臓は、ポンプのように毎分60~70回ぐらい、血液を血管へと押し出しています。これが、手首などをさわるとドクンドクンと打っている脈拍です。心臓が収縮して血液を押し出した瞬間は、血管にいちばん強く圧力がかかります。これが『収縮期血圧(最高血圧)』です。そして、収縮した後に心臓がひろがる(拡張する)ときには、圧力がいちばん低くなります。これが『拡張期血圧(最低血圧)』です。
収縮期血圧と拡張期血圧のどちらが高くても、高血圧といいます。

高血圧は「サイレント・キラー」と呼ばれる恐ろしい病気

病気になったら、何か熱っぽくなったり、何かしらの症状が体にでるので、すぐ気づきますよね?
高血圧の場合は、自覚症状はほとんどといっていいほどないので、気づいたときは既に手遅れ…なんて事も多いのです。直訳すると「物静か な殺人犯」という意味になりますが、まさにその通り、症状がほとんどないままに、長年かかってひそかに血管をむしばんでいくのです。
日本人には高血圧の人がとても多くて、約700万人もの人が治療を受けています。だからかえって、あまり危険な状態だという意識はないかもしれないですが、もしかしたらあなたも既にサイレント・キラーにむしばまれているのかもしれません。
ホラー映画より怖い現実。あなたはどう受け止めますか?
column_graph1

 

高血圧の基礎知識ページに戻る

高血圧の基礎知識一覧

治験ボランティア登録はこちら

フリーダイヤル0120-189-408

営業時間(月~金)10:00 - 19:00

治験ボランティア登録
その他の病気の基礎知識を見る