高血圧診断基準

高血圧診断基準

正常血圧は人種によって多少異なりますが、血圧の基準として世界的に採用されているのはWHO(世界保健機構)と米国高血圧合同委員会の分類です。
日本でも日本高血圧学会で「高血圧治療ガイドライン」を作成し、2000年に発表しています。

収縮期血圧(mmHg) 拡張期血圧(mmHg)
高血圧 140以上 90以上

高血圧の分類

分類 収縮期血圧/mmHg 拡張期血圧/mmHg
正常 至適血圧 120未満 80未満
正常血圧 130未満 85未満
正常高値血圧 130~139 85~90
高血圧 軽症高血圧 140~159 90~99
中等症高血圧 160~179 100~109
重症高血圧 180以上 110以上

少し基準が複雑になっていますが高血圧のグループのグレード分類は別にして、理想的には年齢を問わず、収縮期血圧を130未満、拡張期血圧を85未満に保つことが必要で、収縮期血圧が140以上、拡張期血圧が90以上の場合は高血圧症と診断されます。

治験ボランティア登録はこちら

フリーダイヤル0120-189-408

営業時間(月~金)10:00 – 19:00

治験ボランティア登録

関連項目

疾患
検査データ