慢性腎臓病(CKD)

慢性腎臓病(CKD)の診断基準

慢性腎臓病(CKD)の定義は、IgA腎症、糖尿病性腎症、腎硬化症など原疾患に関わらず、尿たんぱくが出ているなどの腎疾患の存在を示す所見がある または 中等度以上の腎機能低下(GFR<60) のいずれかが3ケ月以上持続する場合に慢性腎臓病(CKD)とされます。

慢性腎臓病(CKD)の分類

病期ステージ 説明 GFRの値
0 腎障害がなく、GFRも正常であるが、
高血圧、糖尿病など慢性腎臓病になりやすい状態が存在する
≧90
1 腎障害は存在するが、GFRは正常または正常より高い ≧90
2 腎障害が存在し、GFRは軽度に低下 60~89
3 GFRが中等度低下 30~59
4 GFRが高度に低下 15~29
5 腎不全 <15

腎臓の機能が低下して健康な人の10%以下、GFRが10mL/min未満になると、腎臓の機能を代行する人工透析(とうせき)療法が必要になります。

治験ボランティア登録はこちら

フリーダイヤル0120-189-408

営業時間(月~金)10:00 – 19:00

治験ボランティア登録

関連項目

疾患
検査データ