GCPとは(医薬品の臨床試験の実施に関する基準)

GCPとは・・・

【医薬品の臨床試験に関する基準】のことで、(Good Clinical Practice)の頭文字をとってGCPといっています。

つまり治験を実施する際に遵守すべき基準のことです。

新薬開発段階の治験は、被験者の権利と安全が最大限に守られる必要があるため、薬事法に基づいて厚生労働省によりGCPが定められています。
1998年より、医薬品開発の臨床試験は新GCP省令の下で行われることが、法律で義務付けられています。

GCPの内容

医薬品の臨床試験に関する基準
  • 被験者の人権保護、安全性確保
  • 治験の質の確保
  • データの信頼性の確保
  • 責任・役割分担の明確化
  • 記録の保存

このGCPによって、被験者の人権や安全を護り、治験データの科学性が確保されます。
その結果、有効性や安全性の高い新医薬品の誕生が期待されます。

関連項目

  • 初めての方へ 安心して治験に参加いただくために
  • メールが届かない方へ
  • 無料検診はこちら
  • 治験ボランティアの声
  • 製薬会社・医療関係の皆様へ
  • 自分に合った治験の探し方

治験ボランティア・モニター参加者募集

  • 血圧が高い方
  • 血糖値が高い方
  • 尿酸値が高い方
  • 脂質異常でお悩みの方
  • 喘息でお悩みの方
  • ニキビでお悩みの方
  • ニキビでお悩みの方
  • ニキビでお悩みの方
  • ニキビでお悩みの方
  • フリーダイヤル0120-189-408