高血圧|治験ボランティア・臨床試験モニター募集ならJCVN

HOME 治験の必要性・意義 治験参加までの流れ 治験の実績 治験Q&A 治験ボランティアのJCVN概要 治験ボランティア登録
治験情報HOME > 気になる病気の基礎知識 > 高血圧
高血圧|気になる病気の基礎知識|治験ボランティア・臨床試験モニター募集ならJCVN

高血圧の方対象治験

高血圧、または高血圧の疑いのある方を大募集中です!
高血圧だと何が悪いの?
    高血圧の治験モニター

    に参加しませんか?


    疑いのある方はまずは無料健診

高血圧治験参加のメリット
    専門医による精密検査
    -----------------------------------------
    検査で状態をチェック
    -----------------------------------------
    医療費の削減
治験ボランティア登録
 高血圧ってどんな病気なの?  高血圧になりやすいのはどんな人?
 治療はどうすればいいの?  高血圧予防の食事ポイント
 日常生活で予防する  血圧を調べる検査


ご自分の血圧がどのくらいかご存知ですか?

 よく「上の血圧が〜で、下の血圧が〜」なんてやり取り聞いたことはありませんか?「上」というのが、収縮期血圧(最高血圧)を指して、「下」というのが拡張期血圧(最低血圧)を指します。あなたの血圧はどのくらいでしょうか?

【登録無料】治験ボランティア・臨床試験モニターに登録する

高血圧ってどんな病気?

 血圧とは、血液が血管の中を通るときに、血管にかかる圧力のことを「血圧」といいます。
 心臓は、ポンプのように毎分60〜70回ぐらい、血液を血管へと押し出しています。これが、手首などをさわるとドクンドクンと打っている脈拍です。心臓が収縮して血液を押し出した瞬間は、血管にいちばん強く圧力がかかります。これが『収縮期血圧(最高血圧)』です。そして、収縮した後に心臓がひろがる(拡張する)ときには、圧力がいちばん低くなります。これが『拡張期血圧(最低血圧)』です。
 収縮期血圧と拡張期血圧のどちらが高くても、高血圧といいます。
 
高血圧は「サイレント・キラー」と呼ばれる恐ろしい病気

 病気になったら、何か熱っぽくなったり、何かしらの症状が体にでるので、すぐ気づきますよね?
高血圧の場合は、自覚症状はほとんどといっていいほどないので、気づいたときは既に手遅れ…なんて事も多いのです。直訳すると「物静か な殺人犯」という意味になりますが、まさにその通り、症状がほとんどないままに、長年かかってひそかに血管をむしばんでいくのです。
 日本人には高血圧の人がとても多くて、約700万人もの人が治療を受けています。だからかえって、あまり危険な状態だという意識はないかもしれないですが、もしかしたらあなたも既にサイレント・キラーにむしばまれているのかもしれません。
 ホラー映画より怖い現実。あなたはどう受け止めますか?


高血圧は静かなる殺人犯「サイレント・キラー」

>>「高血圧」ってどんな病気なの?(高血圧)TOPに戻る

【登録無料】治験ボランティア・臨床試験モニターに登録する

高血圧になりやすいのはどんな人?

人を高血圧になりやすくする危険因子というのがあります。遺伝や、肥満、耐糖能異常(糖尿病予備軍)、ストレス、喫煙、塩分の多い食事、飲酒の習慣などがその危険因子と呼ばれますが、これらを多く持っている人ほど、高血圧になりやすいといえるでしょう。 これと同様に、脂質異常症も危険因子が関係して病気になる可能性が高い病気です。

 両親がそろって高血圧の場合、その子が高血圧になる確率は約50%。片親だけが高血圧の場合には、子が高血圧になる確率は30%前後というデータもあって、遺伝性があるのは確かです。
しかし、確率が50%であれば、両親ともに高血圧であっても、子が高血圧になるかならないかは半々ってことです。遺伝があっても、その他の環境的な危険因子をなくせば、高血圧にならないですむということになります。またその逆に、親が高血圧でなくても、子が高血圧になることもあります。親にも高血圧の体質はあったものの、環境因子が整っていて現れずにいた場合には、子どもが不摂生な生活をすれば、高血圧になることは難しいことではないということですね。
自己管理をしっかりして、未然に病気を防ぐこと!これがポイントになるのです!


あなたは高血圧になりやすい?

>>高血圧になりやすいのはどんな人?(高血圧)TOPに戻る

【登録無料】治験ボランティア・臨床試験モニターに登録する

治療はどうすればいいの?
 まずは、血圧を下げることだけではなく、危険因子も減らしていくこと。これを心がけましょう。
高血圧治療の目的は、血圧を下げることそのものではなく、将来の心臓や血管の病気と、それらの結果としての虚血性心疾患や脳卒中を防ぐことです。

 これまでに世界中のさまざまな国で行われた試験の結果、適切な降圧治療(高血圧の治療)は、高血圧の患者さんに多くの有益な効果をもたらすことが明らかになっているので、『高血圧』と診断されたら、「自覚症状がないから平気だ」などとも思わずに、早く治療を始めたほうがいいでしょう。

 高血圧と同時に、すでに糖尿病や高脂血症、肥満など、心血管病の多くのリスクをもっている人は、治療を受ければより大きな効果が得られまる。もちろん軽症の人も、すぐに治療を始めれば、クスリを使わずに血圧を下げられて、その後適正な血圧を維持することだって、可能かもしれません。

 高血圧と診断されたら、それが治療を始めるに遅過ぎることも、早過ぎることもないってことですね。高血圧の人が、腎不全や心不全、糖尿病など、すでにほかの病気を持っている場合にも、高血圧と並行してそれらの治療が進められます。多くの生活習慣病は、表面にあらわれた病気は違っていても、危険因子のいくつかは共通しているので、同時に並行していくつかの病気を治療していくことは、そんなにむずかしくないことが多いんです。

 もちろん、クスリで治療中の人も、生活習慣の見直し、改善が大切です。悪い生活習慣を正しい生活習慣に変えていくことは、血圧を下げるだけでなく、ほかの心血管病のリスクを下げることにもなるので、とても大事なことです。

生活習慣改善ポイント

>>治療はどうすればいいの?(高血圧)TOPに戻る

【登録無料】治験ボランティア・臨床試験モニターに登録する

高血圧予防の食事・ワンポイント
まずは、「塩分」を控えること!

 今、日本人に勧められている1日の塩分摂取の目標値は、10g未満。ですが、高血圧患者の方はもっと厳しくて、日本高血圧学会の定めた目標では『1日7g以下』(高血圧治療ガイドライン2000年版)となっています。
 現在のところ、日本人の塩分摂取量は、平均で1日11〜12gくらいなので、高血圧の人は半分近くに減らさなければならないのです。これがどうしてもムリなら、せめて1日に10g未満を目標にがんばってみましょう!
 塩分の摂りすぎは、体のむくみにもつながります。そこで、減塩ポイントの合言葉!

減塩・5つのポイント

 最初はたぶん、全く味気がなく食欲も落ちてしまったり、間食にはしったりしてしまうと思いますが、数年後の自分の健康のことを思い返してがんばりましょう!
本当は外食もなるべく控えたいところですが、塩分を控えるポイントとコツを覚えて、上手にバランスをとっていきましょう!
 下の表は、外食の際の塩分量の表になります。何を食べたらどのくらいの塩分量なのか・・・計算すると恐ろしいですよね。
これを参考に、昨日食べた食事の塩分量、大体どのくらいでしたか??


外食時の塩分量のめやす

>>高血圧予防の食事ポイント(高血圧)TOPに戻る

【登録無料】治験ボランティア・臨床試験モニターに登録する

高血圧を防ぐ日常生活

*適度な運動をしよう*

 現代人の肥満は、食べすぎとともに、運動不足が大きく関わっているから、太っている人はたいてい運動不足にあたります。
普段から体をよく動かす習慣のある人には、コレステロールや中性脂肪などの数値も適正で、心血管病の危険因子が少ないのと、運動によってインスリンの働きが改善されるので、糖尿病になりにくくなる効果もあるそうです。

普通、運動をしている最中は血圧が上がります。ぽかぽかと暖かくなってくるのは、血液循環がよくなって血流量も増しているためで、この時には血圧が上がっています。
ところが、一般的には、運動習慣のない人の血圧のほうが、運動習慣のある人にくらべて高くなっているそうです!
酸素をたくさん使う運動(有酸素運動)は、長期間くり返して続けると、血圧を下げる作用があることがわかっているので、毎日の習慣として、ゆっくり時間をかけて出来る有酸素運動を毎日こころがけましょう。こうした運動を継続して行うと、高血圧の人は収縮期も拡張期も血圧が下がってくるそうです。

おススメの有酸素運動
*ストレスや急激な温度差にも要注意!!*
「そんなに怒ると血圧が上がるよ〜」と言われたことはありませんか?
怒り、悲しみ、緊張が続く、つらい体験などによるストレスを『情動的ストレス』といいます。「情動的ストレス」は血圧を上げるという報告がありますが、ストレスと高血圧の関係を証明できなかったという報告も多くあります。それでも、情動的ストレスが、少なくとも一時的に血圧を上げることは間違いない事実ですし、それを私たちは経験的にも知っていますよね?
だから、高血圧の予防の一つとして、ストレスはなるべく早く解消し、心身ともにリラックス状態にもっていったほうがいいでしょう。
入浴、アロマテラピー、マッサージ、好きな音楽を聴く、好きな花を買ってくるなど、なんでもいいので、自分なりのリラックス方法を見つけて実行することも、予防の一つとして挙げられます。
他にも気温差が原因で、血圧が上がったり下がったりすることは多くの研究や調査で明らかにされています。季節的にも、冬は寒さによって、血管が収縮するため、血圧が高くなることが多く、心血管病(心筋梗塞や狭心症、大動脈瘤など)の死亡率も冬が一番多いのです!そのため、特に高血圧の人は、冬の寒さを避ける対策を十分にする必要があります。

*肥満を防ぎ適正体重を維持する*
「肥満」と「高血圧」は深いかかわりがあって、メタボリック症候群のところでも説明がありますが、皮下よりも内臓に脂肪がつく内臓肥満型(リンゴ型肥満)の人が、血圧の上昇と関連が深く、実際こうした肥満者が体重を減らすと、 実際に血圧が下がるという報告もあがっているそうです。 肥満は血圧を上げるだけでなく、肥満自体が「心血管病の危険因子の一つ」なので、肥満していて高血圧の人は、体重を標準体重近くにすると、血圧や高脂血症、高尿酸値、血糖値なども適正値に近づく可能性が高いそうです。
肥満というほどではなくても、毎年少しずつ肥満に近づいている人は、今のうちに標準体重を守る生活習慣を身につけていきましょう!

BMI(体格指数)は下記フォームから簡単に計算できます!
 
身長・体重にそれぞれ数値(半角数字)を入れて『計算!』ボタンを押して下さい。(標準体重は自動計算します。)
 
身長: cm
体重: kg
BMIは です。
標準
体重は
です。

>>日常生活で予防する(高血圧)TOPに戻る

血圧を調べる検査

病院などの医療施設のほかに、役所などの大きい施設やスポーツクラブなど、公共の施設にも置いてある血圧測定器で測れます。やはり、正確な数値は医療施設で計ったものですが、日常の目安になりますので、ふと目にとまったら一度測ってみることをおススメします。

注目は、家庭血圧(お家で毎日計ること)
いつもは普通なんだけど、病院で計るときだけ、血圧が高いんだよなぁ・・・なんて経験ありませんか? それは、「白衣高血圧」といって、病院のお医者さんや看護士さんなど、白衣を着ている人を見るだけで緊張してしまい、その時だけ血圧が高くなることがあるのです。白衣高血圧かどうかは、診察室の血圧だけではわからないので、家庭血圧などで数値を測って、診察室での血圧と比べることで、診断することができます。
最近では、家庭血圧といって、おうちでリラックスしているときに測るほうが正しい血圧が測れると考えられるようになったため、重視されてきています。また、自動血圧計が進歩して使いやすくなったのと、機械の性能があがって、数値が非常に正確になったことも、家庭血圧を重要視するようになったことにつながっているようです。

家庭血圧の正しい測り方

・朝と夜、それぞれ少なくとも1回は測る。
・朝は起きてから1時間以内に。
 排尿後で、朝食前、降圧薬を飲む前に、いつもの自分のすわる姿勢で測る。
 ※測る前1〜2分ぐらいは安静にする。
・夜は寝る前に。夜も、いつもの自分のすわる姿勢で測る。※測る前1〜2分ぐらいは安静に。
・できるだけいつも同じ時刻に測る。
・1週間に何日測るかは、かかりつけ医と相談して決めることがポイントです。

測った結果はすべて正直にノートなどに記録し、かかりつけ医にみせる。時刻と心拍数も一緒に記録しましょう。
下のメモを参考にしてみてください!

血圧表

現在治療中の方も、そうでない方も、無料で健康診断が受診できます。
一度、ご自身の健康状態を把握するためにも、無料健康診断を受けてみませんか?
もしかしたら、「サイレント・キラー」が目の前にきているかもしれませんよ?

>>血圧を調べる検査(高血圧)TOPに戻る

【登録無料】治験ボランティア・臨床試験モニターに登録する


その他の病気の基礎知識を見る
 糖尿病  高中性脂肪血症
 ニキビ  アトピー性皮膚炎

JCVN治験ボランティア・マイページはこちら
こんにちは!ゲストさん
新規治験ボランティア登録
治験ボランティア利用規約
ID、Passwordを忘れた方
よくあるご質問
無料検診
治験ボランティアの声を募集しています
JCVN facebook公式ページ
治験をされている製薬会社・医療関係の皆様へ
出会えて良かった
治験とは
 
治験とは
治験の必要性と意義
治験参加までの流れ
治験の実績(過去治験)
よくあるご質問/治験Q&A
 
高血圧治験
糖尿病治験
高尿酸(痛風)治験
脂質異常・メタボ治験
気管支喘息治験
ニキビモニター・治験

気になる病気

糖尿病
メタボリックシンドローム
脂質異常症
高血圧
過活動膀胱(頻尿・尿漏れ)
前立腺肥大症
骨粗しょう症(骨粗鬆症)
逆流性食道炎
高中性脂肪血症
ニキビ(尋常性ざ瘡)
COPD(慢性閉塞性肺疾患)
鬱病(うつ病)
更年期障害
気管支喘息
高尿酸血症(痛風)
コレステロール
病気のQ&A

病気のQ&A一覧
糖尿病のQ&A
メタボのQ&A
脂質異常症のQ&A
高血圧のQ&A
過活動膀胱のQ&A
前立腺肥大症のQ&A
骨粗しょう症のQ&A
逆流性食道炎のQ&A
高中性脂肪血症のQ&A
ニキビ(尋常性ざ瘡)のQ&A
COPD(タバコ病)のQ&A
鬱病(うつ病)のQ&A
更年期障害のQ&A
気管支喘息のQ&A
高尿酸血症(痛風)のQ&A
自己診断ツール
 
自己診断・健康診断
検査データの読み方
気になる病気の予備知識

治験関連リンク集

厚生労働省:「治験」
日本製薬工業協会
日本ジェネリック製薬協会
おくすり110番



SSL暗号化通信を行っています
copyright 治験ボランティア会員規約  プライバシーポリシー