糖尿病・高血圧症でお悩みの方、治験にご協力ください | 治験ボランティア・臨床試験モニター募集ならJCVN | 東京・関東・関西・福岡

医学ボランティア会のJCVN お問い合わせ0120-189-408(平日10:00~19:00)
糖尿病でお悩みの方ボランティア募集中

糖尿病あなたは大丈夫ですか?

「糖尿病が強く疑われている人」890万人、「糖尿病の可能性を否定できない人」1,320万人、
合わせて2,210万人いると推定されます。  「平成19年糖尿病実態調査より」」
40歳から74歳の男性の32.2%、女性の31.5%が「糖尿病有病者」か「予備軍」と推定されています。
「平成17年国民健康・栄養調査より」

糖尿病を放っておくと3大合併症の危険

  • 網膜症
    (視力低下)

    失明の危険性あり

  • 神経障害
    (壊疽)

    下肢切断の危険性あり

  • 腎症
    (腎障害)

    人工透析の危険性あり


2型糖尿病とは?

2型糖尿病は日本の糖尿病患者さんの95%以上を占め、食事や運動などが関係している場合が多いので生活習慣病と言われています。
糖尿病は、血液の中のブドウ糖(グルコース)の濃度(血糖値)が高い状態(高血糖状態)が続く病気です。放っておくと、さまざまな臓器に合併症が起こる危険性が高くなります。
私たちは、毎日の食事でさまざまな栄養素を体の中にとり入れています。このうち、米やパンなどに多く含まれる糖質(炭水化物)は、小腸でブドウ糖に分解されて、血液の中に吸収されます。また、タンパク質や脂肪などの栄養分も分解されて、血液中のブドウ糖の濃度(血糖値)を高めます。 この血糖値は、体の中の「インスリン」というホルモンの作用で、ほぼ一定の値に保たれています)。この血糖を調節する仕組みがうまく働かなくなり、血糖値が高い状態(高血糖状態)が続くようになってしまうのが糖尿病です。
血糖値が高くても、最初のうちはほとんど症状を感じることはありません。しかし、血糖の高い状態が続くと、のどの渇き、疲労感、多尿・頻尿などの症状が現れるようになり、次第に全身の血管や神経が傷ついて、全身のさまざまな臓器に影響が起こってきます。
逆に糖尿病になっても、食事療法や運動療法、薬によって血糖をきちんとコントロールできれば、症状をなくし、合併症を予防できます。


糖尿病の治療方法は?

糖尿病と闘っていくために、今現在糖尿の治療方法にはどのようなものがあるのかを知っておく必要がありますね。代表的なものをここでご紹介いたします。糖尿病の治療は、基本的に次の3つで成り立っています。
1) 食事療法
2) 運動療法
3) 薬物療法


以外と知らない糖尿病の治療費

「糖尿病」の治療費ってどれくらいかかるかご存知ですか?
例えば、およそ国民の5人のうち1人に発症の疑いがあると言われているおり、この糖尿病の治療費は、食事や運動療法のみですとひと月2千~5千円ほどですが、症状が悪化してインスリン治療を始めると月1万~1万5千円もかかってしまいます。
また、生活習慣病の恐ろしい所は他の生活習慣病を併発しやすい点にもあります。糖尿病にかかりやすくなる高カロリー食や運動不足といった生活習慣は、高血圧や脂質異常症などの病気を引き起こし、それぞれ治療費がかかってしまいます。
もしこの三つの病気をすべて同時に起こってしまった場合、月額の治療費は約5万円、年間で約60万円もかかることになります。
治験はこれらの費用の負担を軽減し、さらに最新の医療を受けることができるのです。
もちろん生活習慣病にかからないことが重要ですので、普段の生活習慣に気をつけることが大切です。
治験は今のあなたにとって、とても重要な事柄です。


こんな人が糖尿病症治験の対象者になります

年齢・性別20歳以上の男女
実施施設関東1都3県(東京、神奈川、千葉、埼玉)、関西、福岡にお住まいの方で、指定医療機関に通える方
治療状況2型糖尿病と診断を受けた方【治療中・未治療ともに可】
血糖値130~280mg/dlの方
ヘモグロビンA1c(HbA1c)6.5%~10.0%の方
治験ボランティアに登録する

高血圧を放置していませんか?

高血圧でお悩みの方ボランティア募集中

日本で高血圧の方は推定4,000万人以上いると言われています。
高血圧は、心筋梗塞・脳梗塞・腎臓病の要因になります。自覚症状がないからと放置している方は要注意です。
高血圧は、自覚症状が出たときにはすでに生死に関わる病気が進行していたということがよくあります。
こうした怖さから高血圧は、サイレントキラー病とも呼ばれているのです。

高血圧を放っておくと
  動脈硬化→心臓病・脳卒中の症状が起こりやすくなり、さらに放置すると最悪の場合、死亡に至る危険性まで…


高血圧症とは? 原因は?

高血圧症の主な原因は、喫煙、飲酒、運動不足、ストレスの蓄積、塩分の過剰摂取といった、食生活や日頃の生活習慣が大きく起因しています。高血圧症は、ほとんどの場合が無症状ですが、以下のような症状が見られたら、脳卒中や心筋梗塞などの合併症に注意が必要です。

・目がかすむ
・左右どちらかの半身に麻痺やしびれが起きる
・動悸や胸の痛みを感じる
・みぞおちの痛みや胸やけ
・朝、顔がむくむ


高血圧症の治療方法は?

高血圧症の治療としては、まず、禁煙、お酒を飲み過ぎない、ストレスを蓄積しないことが挙げられます。
このほか、高血圧症の方が日常的に中すべき点としては十分な水分補給を心がける、急な温度変化による刺激は避ける、トイレを我慢しないなどが挙げられます。
高血圧症の方は自覚症状がないと言われていますが、ちょっとしたことで血圧が上昇し、脳卒中・心筋梗塞などの大きな事故に結びつくことが多いため、注意が必要です。
また食事療法や運動療法と並んで、薬物療法も行われており副作用のより少ない効果的な薬の研究が行われています。
この薬の開発のために日夜、治験ボランティアの協力が行われています。
治験ボランティアについては下記をご覧ください。


こんな人が高血圧症治験の対象者になります

年齢・性別20歳以上の男女
実施施設関東1都3県(東京、神奈川、千葉、埼玉)、関西、福岡にお住まいの方で、指定医療機関に通える方
治療中の方【拡張期血圧(上):140以上、収縮期血圧(下):90以上】
未治療の方【拡張期血圧(上):160以上、収縮期血圧(下):100以上】
治験参加歴過去3ヶ月以内に他の治験に参加していない方

治験ボランティア/モニターのメリット

メリット01新しい治療が受けられます。
メリット02専門医師による診察とアドバイスが受けられます。
メリット03定期的にご自身のお身体の状態をチェックできます。
メリット04治験参加による負担を軽減する目的で、
治験協力費(謝礼)が受け取れます。
治験ボランティアに登録する

治験参加までの流れ

Step1

新規治験ボランティア登録(仮登録)

インターネット上から登録すると試験の詳細情報が閲覧できます。

Step2

登録説明会参加(本登録)

「“治験”て何」「治験は安全なの?」「お金がもらえるの?」など、皆様の疑問を解決し安心して治験に参加して頂くためにボランティア登録説明会を行っております。治験に参加するには、一度こちらの説明会に参加して頂く必要があります。
(ボランティア登録は一切無料、登録したからといって必ず治験参加をしなければいけないわけではありません。)

Step3

治験申込み

ボランティア登録説明会に一度参加された方なら、インターネット上又はお電話でも治験申し込みを受付しております。治験参加の条件は試験によって異なりますので、申し込みをされた方にはお電話で詳細の参加条件確認をさせて頂きます。

Step4

事前検診(病院での)受診⇒合否連絡(数日~数週間後)

病院での事前検診は施設によっても異なりますが約2時間程度で、後日合否連絡が病院、又は弊社からご本人様に通知されます。検診データも受け取れます。

Step5

治験参加 ※期間等は治験内容によって変わります。

検診で合格と判断された方が治験参加となります。合格となった場合は最後までその治験に参加して頂くことを前提としております。

治験ボランティアに登録する

治験ボランティアについて

お薬の候補が医薬品として認められるため、お薬としての効果と安全性を調べる試験のことを「治験」といいます。会社員・OL・自営業・主婦・学生・定年後の方など皆様のご参加で、多くの人々が救われる身近でとても社会貢献度の高いボランティアです。

どんな人が参加できるの?

  • 健康な人
    (病気がない人)

    新しいお薬・ジェネリック
    医薬品の安全性試験
    (入院タイプ)

  • 予備軍
    (治療までは必要ない人)

    健康食品・
    サプリメントのモニター

  • 患者さん
    (治療が必要な人)

    新しいお薬の効果を
    確認する試験
    (通院タイプ)

治験参加のメリット

  • 新しい治療方法が受けられます。
  • 専門医師による診察とアドバイスが受けられます。
  • 定期的にご自身の健康状態をチェックできます。
  • 治験参加による負担を軽減する目的で、治験協力費(謝礼)が受け取れます。

治験参加のデメリット

  • 通院や検査のために時間の調整が必要になります。
  • 食事制限、運動制限等が必要になります。
  • 副作用の可能性を完全否定することはできませんが、生じた場合は適切な治療と保証が受けられます。
  • 試験によってはプラセボ(偽薬)の場合があります。
JCVNへのボランティア登録、治験への参加は、強制ではありません。
また、登録・参加に際して年会費や登録料が発生する事もありません。
自由意思で参加できますので、ご安心ください。
治験ボランティアに登録する