病気の基礎知識:高血圧

高血圧予防の食事ポイント

高血圧予防の食事ポイント

まずは、「塩分」を控えること!

今、日本人に勧められている1日の塩分摂取の目標値は、10g未満。ですが、高血圧患者の方はもっと厳しくて、日本高血圧学会の定めた目標では『1日7g以下』(高血圧治療ガイドライン2000年版)となっています。
現在のところ、日本人の塩分摂取量は、平均で1日11~12gくらいなので、高血圧の人は半分近くに減らさなければならないのです。これがどうしてもムリなら、せめて1日に10g未満を目標にがんばってみましょう!
塩分の摂りすぎは、体のむくみにもつながります。そこで、減塩ポイントの合言葉!

column_graph5-1

最初はたぶん、全く味気がなく食欲も落ちてしまったり、間食にはしったりしてしまうと思いますが、数年後の自分の健康のことを思い返してがんばりましょう!
本当は外食もなるべく控えたいところですが、塩分を控えるポイントとコツを覚えて、上手にバランスをとっていきましょう!
下の表は、外食の際の塩分量の表になります。何を食べたらどのくらいの塩分量なのか・・・計算すると恐ろしいですよね。
これを参考に、昨日食べた食事の塩分量、大体どのくらいでしたか??
column_graph5

 

高血圧の基礎知識ページに戻る

高血圧の基礎知識一覧

治験ボランティア登録はこちら

フリーダイヤル0120-189-408

営業時間(月~金)10:00 - 19:00

治験ボランティア登録
その他の病気の基礎知識を見る